女友達とセフレになるか周囲への影響も考えて!

女友達とセフレな関係になるのがありえるのか、ないのかはどのような人と友人になるかで変ってきます。これは性に大して寛容な人とそうでない人の認識が大きく変わるからです。特に公務員や銀行員など「かたい仕事」をしていると性関係の問題が仕事の影響を及ぼす可能性があることに注意が必要です。

 

 

 

◆性におおらかな人は世代を問わずにいる

 

性に対しておおらかな人は世代を問わずに存在し、特定のパートナーを持たずに生活する人が注目されるケースもあります。完全になしと言ってしまえば浮気は甲斐性といった人たちの価値観も否定することになります。ポイントになるのが芸術分野や夜の世界など、普段なかなか目にしない世界に集中するケースが多いということです。

 

 

 

これはそれぞれ個性が強く、その個性を受け入れる文化などが生まれやすいからです。他人の考えに対してあまり深く突っ込んでしまうとお互い窮屈になってしまいます。そのため性に対する考え方もおおらかな人たちが集まりやすくなるのです。女友達とセフレになりたいのであれば、そういった世界のつながりで作ると比較的簡単です。許されることも多くなります。

 

 

 

ただし、セフレを作るのとそれに対してどう責任をとるかは別の話です。無責任な行動をとればそれはそれで問題になるケースがあるからです。

 

 

→ 女友達をセフレにする方法

 

 

◆一般的には仕事に影響をしないかが重要になる

 

女友達をセフレにした場合、重要になるのが揉めるか否かです。相手が揉めないと言う保証があれば問題は無いものの、実際は揉めた場合の社会的なダメージなどは大きくなります。自分はセフレだと思っていたのに、相手は彼女だと思っていた場合が典型的で、訴訟沙汰などになりかねないからです。

 

 

 

女性関係が仕事に悪影響を与える場合もあります。結婚していることで家庭が安定していて、仕事にも力が入ると見られる保守的な業界も存在するからです。芸術関連や夜の世界とは全く逆で、リスクをとらないことが推奨され、セフレを作る事は非難される原因になります。信用自体を失ってしまうこともあるため、セフレを作る場合はリスク管理を徹底し、無理に女友達をセフレにと考えないほうが良いのです。

 

 

 

◆隠したとしてもばれるときはばれる

 

ポイントになるのが、隠したとしてもばれるときはばれると言うことです。特にインターネットでの情報拡散のスピードが速くなり、ちょっとしたきっかけで嘘がばれたりする事もあります。女友達をセフレにするのであればばれても問題が無いかどうかを考えた方が良いのです。特にSNSなどを多用する女性をセフレにする場合は、情報が漏れやすくなります。

 

 

 

ばれても開き直って交際を申し込むなど、次の手が打てるのであればそれほど問題がない場合もあります。ばれたときにどうするかを考えて保険を用意できればダメージが少ないからです。ただし、保険に出来るものがない場合は避けた方が無難であることに理解が必要です。

 

 

 

女友達をセフレにするのが有りか無しかは自分で決められますが、周囲が何かを言ってくる可能性があります。その意見を受け入れられるのか、反発するのか、どのような影響が出るかまで考えて選ぶべきなのです。